屋根に使用する材料ごとに軒先の雨水の軌跡が違います

軒といを取り付ける際に、屋根の軒先からの位置関係に悩むことがあるのではないでしょうか。

のシリーズです。

トップ画像は、デンカ株式会社の技術資料が使いやすかったので拝借させていただきました。

言葉で説明する必要がないほど非常にわかりやすいですね!

特に和瓦の雨水の軌道は巻き込んで落ちますので、軒先の巴瓦を隠すように取り付けてしまうと裏からジャバジャバとこぼれてしまいます。
瓦の水切りの端部が軒といの中心から少し裏側になる位置に設置するとうまく行くのではないでしょうか。

次に軌道が掴みづらいのは平瓦ですね。
巻き込む方にも垂れますし、軒先側に走る水もあります。
なるべく高い位置で、水が前後に広がりきる前にキャッチできるように設置すると良いでしょう。

化粧スレートは元々真下に落ちる傾向がありますし、スターターの下に軒先水切りを取り付けますので、そちらで導水ができます。
真上からみて軒先が軒といの中央辺りにくるように設置すると良いでしょうね。

ただし、軒先水切りの設定を間違えて軒先の広小舞の厚みに下がり寸法があっていないと吸い上げてしまって、広小舞を腐らせる原因となるので注意が必要です。

取り付ける雨どいごとに屋根の軒先の出寸法を調整する必要もあります。

ということで、次回は「軒とい別取付け寸法」を書いてみたいと思います。

参考になりましたでしょうか。
ご意見・ご感想ありましたらメールなどお願いいたします。

いいねボタンやSNSシェアなどしていただければ幸いです。

 

広告
スポンサーリンク
一緒に働きましょう

家を守り暮らしを守るのが外装の仕事です

みんなの頑張りが、地域の暮らしを守ります。あなたの手で、地震に強く火事に強い金属外装で、豊かな暮らしを届けましょう。
資材を学ぶ
Feat.の母体は建築板金資材販売会社の株式会社高木。横浜で昭和29年から続く老舗です。常に多くの資材を扱い、古くからある材料から最新の材料まで、調達の経路や使用方法にも精通しています。多くの取引メーカー・問屋から常に新しい情報が入る環境で、多くの材料に関する施工を学べます。
経験を積む
Feat.には、こだわりの高い依頼主様からの要望に応えてきた現場監督・職人=エンジニアが在籍しています。外装は建物自体を守る重要な仕事ですから、仕上がりの品質ももちろんのこと、雨漏りをさせない雨仕舞いに対する品質が重要で、その経験は机上では積めません。仕事は現場から学ぶのが最も効率的なのです。
選ばれる人になる
Feat.は多くの要望に応える中で信用を積み上げて来ました。そしてその信用は現場のみんな、エンジニアの各人に向けられています。「次の現場も〇〇さんが来るんだよね?」そう言った言葉をいただくたびに現場で頑張るみんなを誇らしく思い、また感謝します。スキルを高め、お客様に選ばれる人になりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事