剥がれたところだけ補修だと。。。

見た目は治るんです。

そして、おそらくしばらくは大丈夫なんです。
もう「運」なので何年とは断言できませんけど。

 

今年も台風が首都圏に直撃しまして、多くの被害が出ています。
台風から2日目の今、ひとまずの仮対応をしているところですが、10月・11月辺りから本対応という形になると思います。

多くの場合は、棟板金が飛ばされるのですが、こちらの対応に関してはほぼ完全復旧ということができます。
なぜなら棟板金は屋根本体を葺き上げて最後に施工する部位ですので、再び最後の工程を行えば良いということで雨仕舞は問題ないのです。

しかし、屋根本体が剥がれるほどの被害が出た場合、特に化性スレート(カラーベスト)の場合は軒先から剥がれることが比較的多いようです。

写真はすでに野路板を一部修正していますが、軒先から10段ほど剥がれてしまいました。

さて困りました。

下葺材を下から敷いていき、入れられるだけ奥に差し込んでいきますが、どうしても既存の下葺材の下には新規の下葺材を入れられません。

この記事でお伝えした通り、屋根は下から上に葺き上げるものですので、順序が逆になってしまうのですよね。

屋根材本体も同様に、既存屋根材と隣り合う部分は正規の釘による留め付け方では無く、差し込んで接着材による接着となります。

できれば棟際まで剥がして復旧したいところですが、急な天災で予算がなかなか出てこないのが現実です。

このような本対応(?)をした場合は、ぜひ近年中に「本当の本対応」として屋根の葺替えを検討された方がよろしいと思います。

 

参考になりましたでしょうか。
ご意見・ご感想ありましたらメールなどお願いいたします。

いいねボタンやSNSシェアなどしていただければ幸いです。

広告
スポンサーリンク
一緒に働きましょう

家を守り暮らしを守るのが外装の仕事です

みんなの頑張りが、地域の暮らしを守ります。あなたの手で、地震に強く火事に強い金属外装で、豊かな暮らしを届けましょう。
資材を学ぶ
Feat.の母体は建築板金資材販売会社の株式会社高木。横浜で昭和29年から続く老舗です。常に多くの資材を扱い、古くからある材料から最新の材料まで、調達の経路や使用方法にも精通しています。多くの取引メーカー・問屋から常に新しい情報が入る環境で、多くの材料に関する施工を学べます。
経験を積む
Feat.には、こだわりの高い依頼主様からの要望に応えてきた現場監督・職人=エンジニアが在籍しています。外装は建物自体を守る重要な仕事ですから、仕上がりの品質ももちろんのこと、雨漏りをさせない雨仕舞いに対する品質が重要で、その経験は机上では積めません。仕事は現場から学ぶのが最も効率的なのです。
選ばれる人になる
Feat.は多くの要望に応える中で信用を積み上げて来ました。そしてその信用は現場のみんな、エンジニアの各人に向けられています。「次の現場も〇〇さんが来るんだよね?」そう言った言葉をいただくたびに現場で頑張るみんなを誇らしく思い、また感謝します。スキルを高め、お客様に選ばれる人になりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事