棟板金、作ってみる?

台風被害で千葉県は大変ですね。

弊社は横浜なのであれほどの被害は出ていないものの、屋根が飛んだり棟板が飛んだりと大わらわです。

よって板金資材加工屋さんの製造が間に合わず、棟板金の供給が不足しています。

 

ということで、無いなら自分で作ってしまえ!ということで、トップ画像のような手順書(漫画、笑)を作ってみました。
illustratorというソフトを導入してみましたが、やってることはWindowsのペイントと一緒、笑。
マウスでポチポチはキツイですね。液晶タブレット購入しちゃいたいところです。

 

さて、板金資材加工屋さんも基本的には3×6尺(914×1820ミリ)の定尺板から同じような手順で製作しています。
(といっても加工屋さんはロール成型機に流し込んで行くのでしょうが・・・)

 

まずは定尺板の3尺方向を3分割して、縦に割きましょう。
3尺は914ミリなので、304×1820ミリの板が3枚できる計算です。

次に、棟板を折るための寸法をつけてしまいましょう。
棟の頂点のために、板の中心に墨をつけます。
そこから左右105ミリの地点、さらにそこから15ミリ地点、さらに25ミリ地点に墨をつけてください。

次に、四方を折り込んでいきます。
切りっぱなしだと見た目も悪いですし、ハサミで切るとやはり多少波打ちますので、折り込むことで直線がしっかりでます。
折り込み方は、隅棟でいうと水上の方は裏から表に、水下の方を表から裏に6ミリ程度折り込みます。
長手方向は墨付けの中央から105+15+25=145ミリ行ったところを表から裏に折り込みます。

アングルバッタ

アングルバッタ

折り込むのに便利なのは上の写真のアングルバッタという機材ですが、なければ

折り台

折り台

拍子木

拍子木

折り台と拍子木で叩いて折りつぶします。

ここからハードルがドンとあがります。

折り曲げ機 エキセン

折り曲げ機 エキセン

折り曲げ機!

これが無いと、やはり折り台と拍子木か首長平掴み箸で地道に折っていくしかないでしょうか。
トップ画像でも折り曲げ機を使うことを前提としています。

ぜひ、購入してください!
というのも大変ですので、弊社で加工が空いてる時かつ加工場が空いてるときは一言断って頂ければ作業場をお貸ししています。
古い折り曲げ機ですので、精度は出ませんがそれでよろしければ、どうぞ一声かけてください。

 

参考になりましたでしょうか。
ご意見・ご感想ありましたらメールなどお願いいたします。

いいねボタンやSNSシェアなどしていただければ幸いです。

広告
スポンサーリンク
一緒に働きましょう

家を守り暮らしを守るのが外装の仕事です

みんなの頑張りが、地域の暮らしを守ります。あなたの手で、地震に強く火事に強い金属外装で、豊かな暮らしを届けましょう。
資材を学ぶ
Feat.の母体は建築板金資材販売会社の株式会社高木。横浜で昭和29年から続く老舗です。常に多くの資材を扱い、古くからある材料から最新の材料まで、調達の経路や使用方法にも精通しています。多くの取引メーカー・問屋から常に新しい情報が入る環境で、多くの材料に関する施工を学べます。
経験を積む
Feat.には、こだわりの高い依頼主様からの要望に応えてきた現場監督・職人=エンジニアが在籍しています。外装は建物自体を守る重要な仕事ですから、仕上がりの品質ももちろんのこと、雨漏りをさせない雨仕舞いに対する品質が重要で、その経験は机上では積めません。仕事は現場から学ぶのが最も効率的なのです。
選ばれる人になる
Feat.は多くの要望に応える中で信用を積み上げて来ました。そしてその信用は現場のみんな、エンジニアの各人に向けられています。「次の現場も〇〇さんが来るんだよね?」そう言った言葉をいただくたびに現場で頑張るみんなを誇らしく思い、また感謝します。スキルを高め、お客様に選ばれる人になりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事