棟を修繕しよう

台風など風災で住宅に被害で最も多いのが棟板金のはがれです。

原因としては、経年劣化によって棟板金を留めつけているヌキ板が劣化して釘が効かなくなったり、ヌキ板自体が割れてしまったりで棟板金の保持ができなくなっていることが考えられます。
経年劣化とは、横風の強い雨で濡れたり、空気中の湿気で蒸れたりして、晴れ間に乾くというものを繰り返すことで木材が伸縮を繰り返して徐々に脆くなっていく状況です。濡れた状態が続くと当然腐食することにもなります。

よって、築10年ほどで棟が飛んでしまったりすればもちろん施工ミスを疑いますが、それ以上の経過年数がある場合はしっかり着いているように見えても点検をする必要があると考えた方が良いでしょう。

棟がはがれた場合、例えヌキ板がそのまま残っていても再利用しないことですね。
抜けた釘を打ちなおしても、もうスカスカですぐ抜けてきてしまいます。
できれば棟すべて付け替えたほうが良いでしょう。

 

まず、古いヌキ板を撤去して、ヌキ板を新設します。
棟板金は

で書きましたように、一般的な住宅の化粧スレート(カラーベスト)屋根においては既成の寸法がありますので、ヌキ板は断面18×90ミリのものを用意するようにしましょう。

木材の劣化が気になる場合は樹脂のヌキ板もあります。

ケイミュー タフモック

©ケイミュー株式会社

ケイミューのタフモックやフクビのエコランバーなどですね。

ヌキ板を屋根の棟部に2列に留めつけます。

納まりの断面図は以下のようになります。

納まり図のように棟板金の15ミリ下げた肩の部分に釘で留めつけますので、屋根勾配ごとに変わる取り付け位置を調整するために棟板金を当てがいながらヌキ板を固定すると位置決めが楽かと思います。

棟板金を継いでいく場合は50mm以上重ねてシーリングをします。

 

納まり図の赤入れした部分はシーリングです。
吹きあがってきた雨水がヌキ板と屋根材の間に浸透しないようにシーリングします。
雨濡れによる木材の腐食を防止する措置です。ヌキ板が樹脂材の場合は不要です。

 

p.s.
自己満足ですが、手描き風の絵のクオリティがあがりました!・・・でしょ?
illustratorは難しすぎてメゲてしまったので、MediBangPaint(https://medibangpaint.com/)という漫画を描くフリーソフトとXP-PENのG430S(https://www.xp-pen.jp/product/201.html)という安い板タブを導入しました(笑)
Windowsのペイントより断然描きやすいので、コンピュータで絵を描く必要に迫られたときにおすすめです!(そんな機会無いですか、そうですか)

参考になりましたでしょうか。
ご意見・ご感想ありましたらメールなどお願いいたします。

いいねボタンやSNSシェアなどしていただければ幸いです。

広告
スポンサーリンク
一緒に働きましょう

家を守り暮らしを守るのが外装の仕事です

みんなの頑張りが、地域の暮らしを守ります。あなたの手で、地震に強く火事に強い金属外装で、豊かな暮らしを届けましょう。
資材を学ぶ
Feat.の母体は建築板金資材販売会社の株式会社高木。横浜で昭和29年から続く老舗です。常に多くの資材を扱い、古くからある材料から最新の材料まで、調達の経路や使用方法にも精通しています。多くの取引メーカー・問屋から常に新しい情報が入る環境で、多くの材料に関する施工を学べます。
経験を積む
Feat.には、こだわりの高い依頼主様からの要望に応えてきた現場監督・職人=エンジニアが在籍しています。外装は建物自体を守る重要な仕事ですから、仕上がりの品質ももちろんのこと、雨漏りをさせない雨仕舞いに対する品質が重要で、その経験は机上では積めません。仕事は現場から学ぶのが最も効率的なのです。
選ばれる人になる
Feat.は多くの要望に応える中で信用を積み上げて来ました。そしてその信用は現場のみんな、エンジニアの各人に向けられています。「次の現場も〇〇さんが来るんだよね?」そう言った言葉をいただくたびに現場で頑張るみんなを誇らしく思い、また感謝します。スキルを高め、お客様に選ばれる人になりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事