代表の佐藤です。

本日は本牧の緑ヶ丘の現場へ進捗確認へ行きました。

昔ながらのトタン葺きでよく見られるサンブキです。

サンブキとは、漢字で書くと桟葺きとなります。写真の木が見えてる部分を縦桟、ガルバリウム鋼板がついている部分をU字溝をイメージして俗称「ドブ」と呼んでいます。

この後縦桟にカッパと呼ぶガルバリウム鋼板の部材をかぶせて、棟板金を納めて行くことになります。

サンブキというと古臭いイメージがあるかもしれませんが、ガルバリウム鋼板でつや消し系の色を使ったり、シルバーなどにすると縦のラインがシャープかつ陰影もくっきり出て、結構モダンな屋根になります。

 こちらは別の現場の写真ですが、緩勾配にも、長尺にも、またトップライト廻りなど複雑な納めにも対応できる優れた葺き方です。

どうでしょう?

個人的には、機能が形態を形作っていてカッコイイと思うのですが!

広告
スポンサーリンク
一緒に働きましょう

家を守り暮らしを守るのが外装の仕事です

みんなの頑張りが、地域の暮らしを守ります。あなたの手で、地震に強く火事に強い金属外装で、豊かな暮らしを届けましょう。
資材を学ぶ
Feat.の母体は建築板金資材販売会社の株式会社高木。横浜で昭和29年から続く老舗です。常に多くの資材を扱い、古くからある材料から最新の材料まで、調達の経路や使用方法にも精通しています。多くの取引メーカー・問屋から常に新しい情報が入る環境で、多くの材料に関する施工を学べます。
経験を積む
Feat.には、こだわりの高い依頼主様からの要望に応えてきた現場監督・職人=エンジニアが在籍しています。外装は建物自体を守る重要な仕事ですから、仕上がりの品質ももちろんのこと、雨漏りをさせない雨仕舞いに対する品質が重要で、その経験は机上では積めません。仕事は現場から学ぶのが最も効率的なのです。
選ばれる人になる
Feat.は多くの要望に応える中で信用を積み上げて来ました。そしてその信用は現場のみんな、エンジニアの各人に向けられています。「次の現場も〇〇さんが来るんだよね?」そう言った言葉をいただくたびに現場で頑張るみんなを誇らしく思い、また感謝します。スキルを高め、お客様に選ばれる人になりましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事